ノース,T.(読み)のーす

世界大百科事典内のノース,T.の言及

【英雄伝】より

…しかし最大の恩恵を受けたのはシェークスピアであろう。イギリスではアミヨの仏訳をもとに,ノースThomas Northによる英訳が1579年に完成したが,シェークスピアはこれを大いに利用して,古代を舞台にした《ジュリアス・シーザー》《アントニーとクレオパトラ》《コリオレーナス》などの戯曲を作り上げている。【引地 正俊】。…

※「ノース,T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android