ノースポーラースパー(読み)のーすぽーらーすぱー

世界大百科事典内のノースポーラースパーの言及

【電波スパー】より

…またスパーの中には大きな円弧を描くものもあり,電波ループと呼ばれている。電波ループの代表的なものに銀経30゜から北にのびるノースポーラースパーnorth polar spur,別名ループIがあるが,その成因は太陽のごく近くで発生した古い超新星の残骸であろうという見方もある。【祖父江 義明】。…

※「ノースポーラースパー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android