ハエドゥイ族(読み)はえどぅい

世界大百科事典内のハエドゥイ族の言及

【アエドゥイ族】より

…ソーヌ,ロアール両河間に住んだケルト人部族名。ハエドゥイともいう。そのおもな町にビブラクテ,その後身アウグストドゥヌム(現,オータン)がある。前121年にローマの友邦とされ,カエサルのガリア戦争の際にはおおむね彼の最大の協力者であった。帝政期に同盟国の称号を得,48年にローマ元老院議員挙出を認可された。21年のサクロウィルの反乱と68年のウィンデクスの反乱に参加したが,その後は平和が続いた。【小路 孝子】…

※「ハエドゥイ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android