ハカム[2世](読み)はかむ

世界大百科事典内のハカム[2世]の言及

【後ウマイヤ朝】より

… 後ウマイヤ朝の文化は,絶えず東方の影響下にあり,多くの文化人が東方から移住し,またイベリア半島のムスリムも東方に留学し,帰国後優れた活動をした。とくに開明君主ハカム2世al‐Ḥakam II(915‐976)がコルドバに図書館を建設して以来,同朝治下スペインのイスラム文化は飛躍的に発展した。法学ではマーリク派がザーヒル派やシャーフィイー派を駆逐し,支配的学派であった。…

※「ハカム[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android