ハシナガバンケン(読み)はしながばんけん

世界大百科事典内のハシナガバンケンの言及

【バンケン(蕃鵑)】より

…抱卵,育雛(いくすう)は雌雄交替で行う。 普通種に,中国南部,南アジア,大スンダ列島,フィリピンなどの低木林や畑にすむ,ハシナガバンケンC.sinensis,アフリカのサバンナにすむセネガルバンケンC.senegalensis,オーストラリアのキジバンケンC.phasianinusなどがある。キジバンケンは,その名のとおり,形と羽色がキジ類によく似ている。…

※「ハシナガバンケン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キログラム原器

メートル法の質量の単位キログラムを定義する人工基準器。国際キログラム原器はパリ郊外セーブルの国際度量衡局に保管された白金-イリジウム合金製の円柱形の分銅である。この合金は酸化などの化学変化や摩滅などの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android