ハスモン時代(読み)はすもんじだい

世界大百科事典内のハスモン時代の言及

【エルサレム】より

…前515年工事は完了し,〈第二神殿〉時代が始まる。 続くヘレニズム時代,ユダヤ教徒がギリシア人から主権を奪い還したハスモン時代(前167‐前63)を経て,エルサレムはローマ帝国の支配下に入る。アントニウス,のちアウグストゥスの信任を得てパレスティナの統治を任されたヘロデ大王(在位,前37‐前4)は,エルサレム市とエルサレムのユダヤ教神殿の一大改築工事を行った。…

※「ハスモン時代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android