ハス属(読み)はすぞく

世界大百科事典内のハス属の言及

【ハス(蓮)】より

…東アジアの熱帯から温帯にかけて分布するとともに広く栽培されている。 ハス属Nelumboはしばしばスイレン科に分類されることがあるが,種子に周乳をもたない点,花粉の形態の違いなどを重視して,独立のハス科とする意見が一般的である。ハス属にはほかに黄色の花をつけるキバナバス(アメリカキバス)N.lutea Pers.(英名American lotus,water chinquapin)が北アメリカ南部や南アメリカの一部に分布している。…

※「ハス属」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android