ハドソン,T.(読み)はどそん

世界大百科事典内のハドソン,T.の言及

【レーノルズ】より

…デボンシャーのプリマス近郊プリンプトンPlymptonで,グラマー・スクールの校長を父に生まれ,教養を重んずる家庭環境の中で育つ。1740‐43年ロンドンの肖像画家ハドソンThomas Hudson(1701‐79)のもとで修業。50‐52年のイタリア滞在中に,ラファエロ,ミケランジェロ,コレッジョ,ティツィアーノ等のルネサンス画家を研究し,53年以降ロンドンに定住。…

※「ハドソン,T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android