ハナヒリグサ(読み)はなひりぐさ

世界大百科事典内のハナヒリグサの言及

【トキンソウ(吐金草)】より

…〈吐金草〉は頭花を押しつぶすと黄色の瘦果が出てくるところから名付けられた。タネヒリグサ,ハナヒリグサともいう。中国では慢性鼻炎,鼻たけ,鼻詰り,眼病,頭痛の治療に民間薬として用い,鵞不食草(がふしよくそう)と呼ばれている。…

※「ハナヒリグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android