ハマグワ(読み)はまぐわ

世界大百科事典内のハマグワの言及

【クワ(桑)】より

…日本全域,さらにサハリンや朝鮮に分布し,地方的,生態的な変異が大きい。海岸型のハマグワvar.maritima Koidz.は葉が厚く,光沢がある。シロエグワ,ムラサキエグワ,オナガグワや,観賞用に栽植されるフイリグワなど栽培の品種も多い。…

※「ハマグワ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android