ハムジッチ,M.(読み)はむじっち

世界大百科事典内のハムジッチ,M.の言及

【ドゥブロブニク】より

…【田中 一生】
[美術]
 町は城壁とともに15~16世紀の外見をよく保ち,1667年の地震による破壊以降,大聖堂や聖ブラホ教会はバロック様式で建て直された。絵画はおもにベネチアの影響下にあり,1500年前後には,クリベリに学んだボジダロビッチNikola Božidarović(1460ころ‐1517),マンテーニャに学んだハムジッチMihajlo Hamzić(生没年不詳)を代表とするクロアチア人の画家が輩出し,祭壇画制作に従事した(この一群の画家を〈ドゥブロブニク派〉と呼ぶ)。その後,建築,絵画ともイタリア人にゆだねられ,地元の画家はおもに,後背地の正教教会のためのイコンを描いた。…

※「ハムジッチ,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android