ハヤマゴモリ(読み)はやまごもり

世界大百科事典内のハヤマゴモリの言及

【葉山信仰】より

…祭礼は春秋に行われるが,作神信仰なので春は豊作祈願,秋は豊作感謝の性格を示す。とくに春は4月8日(卯月八日)の祭日が多く,この日に満願となるようにハヤマゴモリと称し,祭りに参加する村の男たちが夜籠,水垢離など精進潔斎し,そのなかからノリワラと呼ばれる憑巫(よりまし)が選ばれる。ノリワラが手に幣束を持ち,村人が祝詞を唱えるなかを,先達と呼ばれる宮司が鈴をならすと,ノリワラの持つ幣束が激しくゆれ,神がつく。…

※「ハヤマゴモリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android