ハリガネゴケ(読み)はりがねごけ

世界大百科事典内のハリガネゴケの言及

【ギンゴケ】より

…胞子による通常の繁殖のほか,無性芽によってもさかんに増殖する。同属のハリガネゴケB.capillare Hedw.も世界中に広く分布し,日本でも各地にごく普通にみられる。ギンゴケに比して植物体が大きく,葉は狭卵形で先端まで緑色,葉縁は細長い細胞によって縁どられ,乾くと強くらせん状にねじれる。…

※「ハリガネゴケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android