ハリス,B.(読み)はりす

世界大百科事典内のハリス,B.の言及

【アメリカ合衆国】より

…コングロマリットと称される大出版社と並んで,リトル・マガジン,コミュニティ・ペーパーなどのいわゆるミニ・コミが,アメリカほど多く存在するところもない。(1)活字媒体の特性 植民地アメリカで印刷された最初の新聞は,1690年9月25日にハリスBenjamin Harrisが発行した《パブリック・オカレンシズ》だとされるが,アメリカ・ジャーナリズムの特色の第1は,きわめて早くから新聞の民衆化が進んだことである。1833年デイBenjamin Dayの出した1ペニー新聞《ニューヨーク・サン》がそれであるが,現代型新聞の原型は,19世紀末から20世紀にかけて形成されたといえよう。…

【パブリック・オカレンシズ】より

…4ページ建ての最後のページは空白で,ニューズ・レター用として購買者が地方へ送る通信に利用できるようにしてあった。発行者はイギリスでホイッグ系ジャーナリストとして活躍していたが,筆禍にあってアメリカに移住し,ボストンでコーヒー店,本屋を開いていたハリスBenjamin Harris。形態,内容ともに近代的な新聞であったが,フランス王のスキャンダル記事などが当局の忌諱に触れ,たった1号で発行を禁止された。…

※「ハリス,B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android