コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロカーボン halocarbon

大辞林 第三版の解説

ハロカーボン【halocarbon】

炭化水素の水素原子をすべてハロゲンで置換した化合物の総称。テトラフルオロエチレン・四塩化炭素など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のハロカーボンの言及

【フロン】より

…炭化水素のフルオロ置換体であるフルオロカーボン類fluorocarbonに対する日本でのみ用いられている総称名。フレオンFreon(デュポン社の商品名)と呼ばれることもある。フロンには,フッ素と塩素を置換基にもつクロロフルオロカーボン(CFC),フッ素,水素,塩素を含むヒドロクロロフルオロカーボン(HCFC),フッ素,水素を含むヒドロフルオロカーボン(HFC),すべての水素をフッ素で置換したペルフルオロカーボン(PFC),などがある。…

※「ハロカーボン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハロカーボンの関連キーワード四塩化炭素炭化水素水素原子温室効果化合物総称

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android