ハロゲン化脂肪酸系除草剤(読み)はろげんかしぼうさんけいじょそうざい

世界大百科事典内のハロゲン化脂肪酸系除草剤の言及

【除草剤】より

…光合成阻害を主要作用機構とする除草剤としては,DCMUなどの尿素系,トリアジン系,ダイアジン系などが知られている。PCPはエネルギー代謝における脱共役剤として,またハロゲン化脂肪酸系除草剤は,クエン酸回路などにおいて重要な役割を果たすコエンザイムAの構成成分であるパントテン酸の生合成を阻害することによってエネルギー代謝を阻害する。 ホルモン型除草剤は植物における正常なホルモンによる制御をかく乱することによって除草作用を示す。…

※「ハロゲン化脂肪酸系除草剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android