ハンガリー民謡(読み)はんがりーみんよう

世界大百科事典内のハンガリー民謡の言及

【ハンガリー】より

…リストの貢献は教育の面でも著しく,彼を校長として1875年に設立された〈王立音楽アカデミー〉(1925年に現在の〈リスト・フェレンツ高等音楽学校〉と改称)からは,やがてドホナーニバルトークコダイら,革新的民族主義による現代ハンガリー音楽の担い手が輩出した。当時のハンガリー・オーストリア二重帝国下における政治的・文化的抑圧に抗する民族主義者コダイにとって,とくにハンガリー民謡は,民族一体化のよりどころであり,また彼の創作の直接的な素材でもあった。演奏の面でも,フーバイを中心とするハンガリー・バイオリン楽派が誕生し,そこからシゲティやセーケイSzékely Zoltán(1903‐ ),ベーグVégh Sándor(1912‐ )ら名バイオリン奏者,あるいはブダペスト弦楽四重奏団,ハンガリー弦楽四重奏団などの世界的弦楽四重奏団が巣立った。…

※「ハンガリー民謡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android