コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンドログ hand log

大辞林 第三版の解説

ハンドログ【hand log】

手用しゆよう測程器。船尾から流した紐(測程線)が一定時間内にどれだけ流れ出たかによって船の速力を測定するもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のハンドログの言及

【測程儀】より

…船の測程儀がログと呼ばれるゆえんである。このような歴史的測程儀としては,縄(測程線という)をつけた扇形板を船尾から流し,これが28秒(もしくは14秒)間にどれだけ流されたかを測程線の長さを測って計測する手用測程儀(ハンドログ)がある。この測程線には7mごとに結び目の数を増やした枝縄がつけてあり,船の速力をこの結び目(ノットknot)の数で呼んだことから,現在も船の速力の単位としてノットが使われているのである。…

※「ハンドログ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハンドログの関連キーワード測程儀航海術測程線測程器船尾速力

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android