ハンプソン=リンデの液化法(読み)はんぷそんりんでのえきかほう

世界大百科事典内のハンプソン=リンデの液化法の言及

【液化】より

… 一般に用いられている液化装置は,圧縮気体を断熱的に,すなわち外界と熱の出入りがないようにして,膨張させると温度が低下するというジュール=トムソン効果を利用するもので,これとあらかじめ気体を冷却する予備冷却を組み合わせている。円筒内で断熱膨張によって冷却された圧縮気体を,次々に流入してくる気体の予冷に用いるクロード液化法,それを改良したクロード=ハイランド液化法,また,気体を断熱膨張させたあと熱交換器を通して圧縮機の中に戻して冷却するハンプソン=リンデの液化法などが代表的なものである。 なお,気体の液化に関しては〈液体空気〉〈液体ヘリウム〉〈臨界状態〉,また低温を得る方法に関しては〈極低温〉の項目も参照されたい。…

※「ハンプソン=リンデの液化法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android