ハンプ操車場(読み)はんぷそうしゃじょう

世界大百科事典内のハンプ操車場の言及

【操車場】より

…一般に貨車が多数集散する付近や幹線の接合点などに設けられる。 貨車操車場は操車の方法によって平面操車場,ハンプ操車場,重力操車場の3種類に分けられる。平面操車場は水平に設置された仕分線を利用し,機関車で貨車の入換え,編成を行う方式のもの,ハンプ操車場は人工的に作った小丘(ハンプ)の上に機関車で貨車を押し上げ,重力を利用して貨車をそれぞれの仕分線に自走させる方式のもので,貨車の数が多く行先が多方面にわたる場合に有効である。…

※「ハンプ操車場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android