コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーセプチン はーせぷちん

3件 の用語解説(ハーセプチンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ハーセプチン

トラスツズマブ」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ハーセプチン

米国とスイスの会社が開発した乳がん用抗がん剤で、一般名はトラスツズマブ。進行性の高いがん細胞に多くみられるたんぱく質「HER2」の増殖機能を狙い撃つように抑える。乳がん患者の2〜3割がHER2の多いタイプで、他の抗がん剤と併用した場合、約半数で腫瘍(しゅよう)の縮小効果がみられるという。国内で年間3千〜4千人に投与され、05年の売上高は約112億円。

(2006-11-27 朝日新聞 朝刊 1社会)

ハーセプチン

一般名トラスツズマブ。HER2が作り出すたんぱく質の働きを抑え、がん細胞の増殖を抑える分子標的薬。日本では01年6月に転移性乳がんを対象に発売された。他の抗がん剤に比べ副作用は少ないが、約3%に心機能の障害が起こると報告されている。

(2008-04-13 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーセプチンの関連キーワードトラスツズマブ含嗽剤放射線治療がん細胞抗がん剤肺がんの早期発見重粒子線(炭素線)がん治療施設広島の乳がん対策陽子線がん治療陽子線がん治療施設

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハーセプチンの関連情報