ハードライン・ドローイング(読み)はーどらいんどろーいんぐ

世界大百科事典内のハードライン・ドローイングの言及

【建築製図】より

…立面図,平面図,断面図などは,大きい建物の場合は1/200ないし1/100の縮尺で住宅など小さい建物の場合は1/100ないし1/50で描かれることが多い。基本設計図は必ずしも定規を用いた正確な線で描かれる(ハードライン・ドローイング)とは限らず,雰囲気を示すために自由なスケッチ風の描法で描かれたり(フリーハンド・ドローイング),着色されたり,陰影をつけられたりすることも多い。こうした自由で多様な表現方法がとられることによって,基本設計図は建築家の個性や思想,方法を明りょうに表現するものとなっていることが多い。…

※「ハードライン・ドローイング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android