ハーン・アルハリーリー(読み)はーんあるはりーりー

世界大百科事典内のハーン・アルハリーリーの言及

【カイロ】より

…十字軍とモンゴル人の来襲を二つながら撃退したスルタン,バイバルス(在位1260‐77)をはじめ,カラーウーン,バルクーク,カーイト・バイらのスルタンやマムルークの将領たちは,モスク,マドラサ,墓廟,ハーンカー(スーフィーの修道場)などの宗教施設から,宮殿,病院,隊商宿(フンドゥク,ハーン,カイサリーヤ),ハンマーム(公衆浴場)などを争って建設し,なかには小街区(ハーラ)全体をつくりかえるものもあった。現在みやげ物市場として観光名所となっているハーン・アルハリーリーKhān al‐Khalīlīは,チェルケス系のアミールであるハリーリーが,ファーティマ朝時代の墓地をつぶして建設したものであり,現在旧市街に残る歴史的建造物はマムルーク朝時代のものが最も多い。現在都心の公園と広場になっているエズベキーヤEzbekīyaのあたりは,このころは池と沼沢地であったが,ウズベク人のアミールがここを開発して以来貴顕の館や別荘が建ち並び,その名がついた。…

※「ハーン・アルハリーリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android