バイエルン・レーテ共和国(読み)ばいえるんれーてきょうわこく

世界大百科事典内のバイエルン・レーテ共和国の言及

【ドイツ革命】より

…これに対して,ベルリン,ルール地方をはじめ各地の大都市や工業地帯では,大衆が,反革命への危機感と,根本的改革を進めない政府・社会民主党への幻滅とを強め,労兵レーテによった革命派が勢力を広げた。ミュンヘンでは,2月にアイスナーが反革命派に暗殺されたあとの激動の中で,4月初めアナーキストのランダウアーらによって〈バイエルン・レーテ共和国〉が宣言され,まもなく共産党がその指導権を握った。シャイデマンの率いるワイマール連合政府は,一定の〈社会化〉立法で大衆を分裂させつつ,義勇軍を各地に派遣して各個撃破を進め,5月初めにはバイエルン・レーテ共和国も武力制圧された。…

※「バイエルン・レーテ共和国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android