コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイポーラIC ばいぽーらあいしー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バイポーラIC

バイポーラ型トランジスタを基本素子とするICのこと。CMOSに比べて電力の消費量が多い代わりに出力電気量が多く、ICに多くの機器を接続できる。また、負荷に強く動作が安定していることから、主に大型コンピューターで使用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイポーラIC
バイポーラ

双極型集積回路」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バイポーラICの関連キーワードエピタキシャルトランジスタバイポーラトランジスタプレーナートランジスタBiCMOS集積回路TTL電卓

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android