コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双極型集積回路 そうきょくがたしゅうせきかいろ bipolar integrated circuit

1件 の用語解説(双極型集積回路の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双極型集積回路
そうきょくがたしゅうせきかいろ
bipolar integrated circuit

バイポーラ ICともいう。能動素子として双極型トランジスタを用いた集積回路。これに対して,MOS電界効果トランジスタを用いたものをMOS型集積回路という。1枚のシリコン基板上に,エピタキシャル成長二酸化シリコン膜とフォトエッチングを用いた不純物拡散,電極蒸着,配線の各工程により集積回路を製作する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双極型集積回路の関連キーワード素子トランジスターバイポーラトランジスターBiMOSバイポーラアウトフローバイポーラフローヘイ・ポーラ電子回路バイポーラー・テクニックバイポーラー・プレーナー IC

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone