バコーツ,T.(読み)ばこーつ

世界大百科事典内のバコーツ,T.の言及

【ドージャの乱】より

…1514年にハンガリーで起きた農民戦争。エステルゴム大司教のバコーツBakócz Tomás(1442ころ‐1521)が国内不安とオスマン・トルコによる略奪の危機を共に解決しようとして,対トルコ十字軍編成を宣言したとき,これに応じて農民兵の大軍がペシュトに集まり,市内の職人や村の聖職者,小貴族も合流した。しかし十字軍計画に不信を抱く大貴族は武装農民に恐怖を覚え,大司教に計画の中止を説得し,自領の農民の武装を実力で抑えた。…

※「バコーツ,T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android