バタク語(読み)ばたくご

世界大百科事典内のバタク語の言及

【バタク族】より

…トバ・バタク族の伝承によれば,すべてのバタク族はシ・ラジャ・バタクを共通の祖先としており,彼は神によってトバ湖西岸中央にある丘に天から降ろされたという。アウストロネシア語族に属するバタク語はカロ,パクパク,シマルングン,トバの4方言に分かれる。生業は農業で,水稲,陸稲,タロイモ,ヤムイモ,トウモロコシなどを栽培し,馬,牛,水牛,豚などを飼う。…

※「バタク語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android