バタリック,E.(読み)ばたりっく

世界大百科事典内のバタリック,E.の言及

【型紙】より

…衣服用型紙は1820年代にイギリスで作られ,1850年刊の《The World of Fashion》に胴衣,外衣,下着などの型紙が挿入された。1862年アメリカ,マサチューセッツ州の仕立屋エベネゼ・バタリックEbenezer Butterick(1826‐1903)が,妻のために型紙を考案し,以後ファッション雑誌のデザインを型紙にして通信販売をした。73年に彼がロンドンに支店を出して以来,型紙の販売会社が増加した。…

※「バタリック,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android