バッラーラ[2世](読み)ばっらーら

世界大百科事典内のバッラーラ[2世]の言及

【ホイサラ朝】より

…ジャイナ教徒であった王をヒンドゥー教のビシュヌ派に改宗させたのは同派の哲学者ラーマーヌジャであったとされている。王国はバッラーラ2世Ballala II(在位1173‐1220)の時代に強化され,チャールキヤ,ヤーダバ両国を破って独立し,さらにチョーラ朝と同盟してパーンディヤ朝に対抗し,タミル地方支配への足がかりを築いた。しかし,1310年ハルジー朝のマリク・カーフールに敗れて以来衰退の道をたどり,ついに新興王国ビジャヤナガルに打ち破られた。…

※「バッラーラ[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android