バヌレスク,Ş.(読み)ばぬれすく

世界大百科事典内のバヌレスク,Ş.の言及

【ルーマニア】より

…この伝統は第2次大戦後のイバシウクAlexandru Ivasiuc(1933‐77),バルブEugen Barbu(1924‐ ),バイエシュIon Bǎieşu(1933‐ )らによって受け継がれている。幻想小説の系譜は,戦前の作家たち,正教の司祭でもあったガラクティオンGala Galaction(1879‐1961),ボイクレスクVasile Voiculescu(1884‐1963),ダンPavel Dan(1907‐31),第2次大戦後は国外で活躍した宗教学者エリアーデ,SF作家のコリンVladimir Colin(1921‐91),バヌレスクŞtefan Bǎnulescu(1929‐ )らの作品を通じて発展した。 20世紀の詩壇では,アルゲージが前衛的詩法によって前人未踏の世界を開拓し,哲学者で詩人のL.ブラガ,印象派的傾向のバコビアGeorge Bacovia(1881‐1957),数学者で詩人のバルブIon Barbu(1895‐1961),散文詩で有名なマニウAdrian Maniu(1891‐1968),前衛派のウルムズUrmuz(本名Dimitrie Ionescu‐Buzǎu。…

※「バヌレスク,Ş.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android