バヒマ族(読み)ばひまぞく

世界大百科事典内のバヒマ族の言及

【アンコーレ族】より

…バントゥー語系のルニャンコーレ語を話す。長い角で有名なアンコーレ牛を飼養するナイロート系の長身のバヒマ(ヒマ)族と,バントゥー系の身体特徴をそなえる農耕民のバイル(イル)族からなる。15世紀にビクトリア湖北方地域には伝説的なバチュウェジ王朝が成立したといわれるが,まもなく崩壊し,王族のうちのヒンダ(ルヒンダ)王族はアンコーレ(ヌコーレ)王国を形成し,ビト王族の形成したブニョロ・キタラ王国に対抗した。…

※「バヒマ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android