バライ(読み)ばらい

世界大百科事典内のバライの言及

【アンコール朝】より

…王朝の立国の基盤は農業生産であった。王都には貯水と排水を兼ねた環濠,バライ(人工の大池)がつくられた。この治水の技術が耕地の開発に応用されて肥沃な田畑の拡大が進み,人口の増大を可能とした。…

※「バライ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バライの関連情報