バラングルード,I.(読み)ばらんぐるーど

世界大百科事典内のバラングルード,I.の言及

【スケート】より


【スピードスケートspeed skating】
 スピードスケート王国として君臨してきたのはノルウェー,スウェーデン,フィンランドの北欧3国であるが,近年ではアメリカ,ロシア,オランダ,ドイツ,日本などが頭角を現している。なかでも,1912年の世界選手権で4種目を完全制覇し,14年につくった1500m世界記録が23年間破られなかったO.マティーゼン(ノルウェー),24年と28年のオリンピックで計5個の金メダルを獲得したC.ツンベルグ(フィンランド),28年と36年のオリンピックで4個の金メダルのI.バラングルード,52年に1万mで世界記録を出し,同年のオリンピックでは大差をつけて金メダル3個を獲得したH.アンデルセン(ノルウェー),56年と60年のオリンピックの500mと1500mに優勝したY.グリシン(ソ連),札幌オリンピック(1972)で500mを除いて三冠王となり,2週間後の世界選手権で4種目制覇したA.シェンク(オランダ),77年以後3年間の世界選手権大会と80年のオリンピック(5種目)で全種目に優勝し続けたE.ハイデン(アメリカ)らの名は永く記憶されるであろう。女子は世界選手権大会が1936年から,オリンピック種目が60年からと遅れたが,L.スコブリコーワ(ソ連)らの名選手を生んでいる。…

※「バラングルード,I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android