バル・ダイサン(英語表記)Bar Daiṣān

世界大百科事典 第2版の解説

バル・ダイサン【Bar Daiṣān】

154‐222
シリアのキリスト教神学者。ギリシア名バルデサネスBardēsanēs。エデッサ(現,トルコ領ウルファ)出身。古代教会の著作家がしばしば名をあげているにもかかわらず,バル・ダイサンの思想の全体像はつかめていない。古来,グノーシス派であったとされるが,現在では否定されている。またマニ教との親近性も疑問とされる。だが,異端的と考えられていたことは確かである。シリア語の聖歌作者で,天文学の著作もあり,もっとも早い時期のシリア文学の著作家である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android