コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗教家 シュウキョウカ

デジタル大辞泉の解説

しゅうきょう‐か〔シユウケウ‐〕【宗教家】

教義を修得したり修行を積んだりして、布教活動や教団・施設の管轄などを務めとする人。
宗教に深い知識を持ち、信仰のあつい人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうきょうか【宗教家】

僧侶・牧師など、宗教活動、ことに布教活動に従事する人。また、熱心な信者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宗教家の関連キーワードフランソワ・ド・サリニャック・ド・ラ・モット フェヌロンニコライ・フレデリック・セヴェリン グルントヴィジャンヌ・フランソワ・フレミオー シャンタルフラーンシス・ジョウゼフ スペルマンヨーハン・クリストフ ブルームハルトステファン ヴィシンスキ(枢機卿)ヨーハン・ヒンリヒ ヴィーヒャーンフェオファーン プロコポーヴィチサン・フランソワ・ド サルリチャード カンバーランドアントワネット ブリニョンマネス) マーニー(マニチャールズ ウェズリーペーテル パーズマーニジェイムズ シャープパウル ゲーアハルトリチャード プライス聖フィリッポ ネーリヴィヴェーカーナンダサティア サイババ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗教家の関連情報