宗教家(読み)シュウキョウカ

デジタル大辞泉の解説

しゅうきょう‐か〔シユウケウ‐〕【宗教家】

教義を修得したり修行を積んだりして、布教活動や教団・施設の管轄などを務めとする人。
宗教に深い知識を持ち、信仰のあつい人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうきょうか【宗教家】

僧侶・牧師など、宗教活動、ことに布教活動に従事する人。また、熱心な信者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうきょう‐か シュウケウ‥【宗教家】

〘名〙 宗教の布教に従事している僧侶牧師神父などの総称。また、熱心な信仰を持つ人。
※団団珍聞‐五一八号(1885)「右書は方今宗教家の泰斗たる北畠道龍師の著述にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗教家の関連情報