バレエ・シュエドア(読み)ばれえしゅえどあ

世界大百科事典内のバレエ・シュエドアの言及

【アバンギャルド】より

…サティの音楽,ピカソの美術,コクトーの台本そしてマシーンの振付によって上演された。次に20年にマレR.de MareがビョルリンJ.Börlinと共にパリに設立したバレエ・シュエドアがその実験的な姿勢を全面的に引き継ぐ。マレとビョルリンは当時の音楽,美術,文学の最も前衛的な傾向を取り入れて,バレエそのものを拡大していくことを決意した。…

※「バレエ・シュエドア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android