バング・カウプ,W.(読み)ばんぐかうぷ

世界大百科事典内のバング・カウプ,W.の言及

【バング】より

…ドイツのトルコ学者,言語学者。正しくはバング・カウプ。《コーデックス・クマニクス》,突厥碑文,古代ウイグル語文献など古代および中世トルコ語(チュルク語)資料の文献学的研究,またトルコ語比較文法,トルコ語歴史文法の研究法の確立などに優れた業績を残し,近代的トルコ学研究の創設者とされる。…

※「バング・カウプ,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android