バンダ,H.K.(読み)ばんだ

世界大百科事典内のバンダ,H.K.の言及

【マラウィ】より

…またインド人が主であるがアジア人,そしてイギリス人やアフリカーナー(南アフリカ共和国の白人)が少数居住している。バンダHastings Kamuzu Banda(1905‐97)政権は,農村部の商業を握っていたアジア系住民に対し,四つの都市に居住を制限していた。チェワ族やニャンジャ族などは16世紀までにマラビMaravi王国を形成したが,その後東アフリカのアラブによる奴隷貿易に悩まされ,19世紀末にはイギリスの保護下に入った。…

※「バンダ,H.K.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android