バンドリ(蓑)(読み)ばんどり

世界大百科事典内のバンドリ(蓑)の言及

【蓑】より

…中世の絵巻には,蓑帽子をつけた狩人など山の民の姿が見られる。【日浅 治枝子】
[蓑の民俗]
 蓑はケダイ,ケラ,バンドリなどとも呼ばれ,雨雪や寒風などから身を守る労働着の一つであると同時に,笠,杖,手甲,脚絆などとともに旅装束の一つでもあった。《日本書紀》には,素戔嗚尊が青草をたばねて,笠蓑としたという話のあとに,蓑をつけたままで他人の家に入ることを忌む習俗について記している。…

※「バンドリ(蓑)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android