バン・アレン,W.(読み)ばんあれん

世界大百科事典内のバン・アレン,W.の言及

【クライスラー・ビル】より

…ニューヨーク,マンハッタンの中心部に立つスカイスクレーパー(摩天楼)建築で,1930年にクライスラー社の自社ビルとして完成。当初計画案では同時に建設中のマンハッタン銀行本社ビルに0.61m及ばないと知った設計者のバン・アレンWilliam Van Allen(1883‐1954)は,極秘の内に鋼製の尖塔をのせて,当時最高のエッフェル塔をも20mしのぐ,319mの高さを達成した。しかし,その地位もエンパイア・ステート・ビルが完成するまでの数ヵ月間の短命に終わった。…

※「バン・アレン,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android