バーソロミュー・ゴズノールド(読み)ばーそろみゅーごずのーるど

世界大百科事典内のバーソロミュー・ゴズノールドの言及

【コッド[岬]】より

…おもに海流の作用によって形成されたこの半島は低平であるが,砂丘や低い丘陵,湖などもある。1602年,イギリスの探検家バーソロミュー・ゴズノールドがこの地に到達し,付近にタラが豊富であったことから〈コッド(タラの意)岬〉と名づけられた。19世紀後半までは漁業,製塩が盛んであったが,現在は観光とクランベリーの栽培がおもな産業である。…

※「バーソロミュー・ゴズノールド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android