バールカンプ,E.(読み)ばーるかんぷ

世界大百科事典内のバールカンプ,E.の言及

【数式処理】より

…これに対して,現代的方法は素数pを法とする(pで割った剰余を対象とする)因数分解とヘンゼルHensel構成に基づく。pを法とする因数分解に対しては,非常に効率的な方法がバールカンプE.Berlekampにより1967年に考案された。1変数多項式F(x)のpを法とする既約因数分解を,とする。…

※「バールカンプ,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android