パチノッティ,A.(読み)ぱちのってぃ

世界大百科事典内のパチノッティ,A.の言及

【グラム】より

…1853年に大きな永久磁石を使った発電機を製造していたパリのアリアンス社Société L’Allianceに入ってから物理を勉強した。パチノッティA.Pacinotti(1841‐1912)によって発明された環状電機子をグラムは再発明し,発電機に適用した(グラム発電機の発売は1870年)。グラム発電機では,絶縁コーティングした鉄線を巻いて電機子鉄心にするなどのくふうがされており,大きさ,重量の割りに大出力で経済性が高かった。…

※「パチノッティ,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android