パパニコロー,G.N.(読み)ぱぱにころー

世界大百科事典内のパパニコロー,G.N.の言及

【細胞診】より

…このような癌の診断学的細胞診のほかに,集団検診による癌検診があり,腟分泌物を用いる子宮癌検診や,喀痰を用いる肺癌検診は,その代表的なものである。癌の細胞診が学問的に体系づけられたのは,ギリシア生れのアメリカの学者パパニコローGeorge N.Papanicolaou(1883‐1962)の研究に負うところが大きく,塗抹標本の標準的染色法としてパパニコロウ染色法が用いられ,細胞診がパパニコロウ検査とも呼ばれるのはこの理由による。
[細胞診スクリーニングと細胞検査士]
 実際の顕微鏡的検査にあたり,塗抹標本中にばらまかれた多数の細胞のなかから病的異常細胞を選別し,悪性所見の有無を判別する検査過程を細胞診スクリーニング(サイトスクリーニング)といい,その主要な業務を行う検査技師を細胞検査士(サイトスクリーナー)と呼んでいる。…

【子宮癌】より

…(1)細胞診cytodiagnosis 組織の表面からはがれ落ちた細胞,または組織の表面をこすりとって採取した細胞を染色して顕微鏡で観察する診断法を細胞診またはスメア・テストsmear testという。癌の診断への応用はギリシア生れのパパニコローG.N.Papanicolaou(1883‐1962)により1928年に確立され,各種の癌診断に欠かせぬものである。ことに子宮癌ではその臨床的価値はきわめて大きい。…

※「パパニコロー,G.N.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報