パラーンタカ[1世](読み)ぱらーんたか

世界大百科事典内のパラーンタカ[1世]の言及

【チョーラ朝】より

… 史実がより明らかになるのは9世紀以降である。パラーンタカ1世Parāntaka I(在位907‐955)は南部のパーンディヤを攻め,同国と盟友にあったスリランカ(セイロン)と対立を続けた。10世紀末~11世紀にはラージャラージャ1世(在位985‐1016),新都ガンガイコンダチョーラプラムを造営したラージェーンドラ1世(在位1016‐44)などの英主の下に栄えたが,その後チャールキヤ朝との抗争を繰り返し,南部のケーララ,パーンディヤ,スリランカとも事を構えた。…

※「パラーンタカ[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android