パリカ(読み)ぱりか

世界大百科事典内のパリカの言及

【嗜好品】より

…古代西アジアで用いられた特異な催酔物として,タイマ(大麻)の実の煙がある。アメリカ・インディアンの部族には,アカシアの1種の実からパリカという嗅ぎタバコの一種をつくるものがある。シベリア原住民のもちいる乾燥したベニテングタケは健康に有害なものであるが,食べても尿として排出されてしまうので,コリヤーク族はそのキノコを食べた自分の尿や他人の尿までもむだにせずに飲んでしまい,この麻酔性物質を徹底的に利用したといわれる。…

※「パリカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android