パリティ変換(読み)ぱりてぃへんかん

世界大百科事典内のパリティ変換の言及

【パリティ】より

…例えばディジタル通信では,“0”と“1”の組合せで信号が送られるが,ひとくぎりの信号の中の“1”の数が偶数か奇数かによって,パリティを+または-と定義する。物理学においては,ある量が空間反転(パリティ変換ともいう), Pr→-r (rは位置ベクトル) に対して符号を変えないとき+,変えるとき-と定義する。以下,物理学におけるパリティについて解説する。…

※「パリティ変換」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android