パリ港(読み)ぱりこう

世界大百科事典内のパリ港の言及

【セーヌ[川]】より

… 勾配がゆるやかなこと,水量が豊かで安定していることから,セーヌ川は水運に重要な役割を果たし,とくにルーアンからモントローまでは川に並行する運河もつくられて,3000トンまでの船の航行が可能である。パリのやや下流にあるパリ港はフランス第1の河港であり,ルーアン,ル・アーブルも河港としてパリ港に次ぐ重要性をもつ。しかし上流部では,運河によってソーヌ川,ロアール川と結ばれているものの,水門が多く水路も狭いためにその利用価値は限られている。…

※「パリ港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android