コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルサ ぱるさ

世界大百科事典内のパルサの言及

【周氷河地形】より

…斜面にはソリフラクションの前面が高さ数十cmの微起伏をもって舌状にのびたソリフラクションローブsolifluction lobe,数mm以下の細粒物質と数cm大の岩片が互層をなす成層斜面堆積物が分布する。永久凍土地帯では,凍結割れ目を満たす水が凍った氷楔(ひようせつ)ice wedge,それが作る径数十mの巨大多角形土polygons,氷の薄層をもつ径数m~数十m,高さ数mの泥炭の高まりであるパルサpalsa,さらに大型で中に氷塊をもつ小丘ピンゴpingo,地表下に集積した集塊氷,それが溶けてできた浅い盆地アラスalasや融解湖などの地形が発達する。凍土現象の断面には,インボリューションinvolutionという複雑にゆがんだ,褶曲・貫入構造や,土中の礫が長軸を垂直方向に向けた礫の立ち上がりなどの,融凍攪拌現象がみられる。…

※「パルサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

パルサの関連キーワードテーラー(Joseph H. Taylor Jr.)ハルス(Russell A. Hulse)アントニー ヒューイッシュマルチメッセンジャー天文学S.J. ベル・バーネルコンプトンγ線観測衛星チャンドラX線望遠鏡シンクロトロン放射チェレンコフ望遠鏡陸域観測技術衛星ヒューウィッシュ逆コンプトン効果X線バースターかに(蟹)星雲タイムグリーンアレシボ天文台ヒューイッシュリベルタビラ高密度核物質バルディオス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android